沖縄→∞。

からあげ丼。

 どうでもいいけど、テレビは日テレ系とテレ東系がないので、日テレの番組が変な時間にやってます。1週とか2週遅れで放送されています。普段は別段何とも思わないんだけど、内地から来た友人がテレビ見て、「これもう見たことがある!」と言う時、あぁ、そうなんだ、って感じます。

 まぁ、こんなのもういいや。で、明日は面接が2つも入っていてかなりきてます。まだ履歴書片方書いてないよ。業界が違うから、書くこと違ってくるし、厄介だわ。たまたま就活途中に新宿南口へ行ってたので、ちょっと寄り道して、2年ぶりくらいに、代○木ゼミナール本校に行ってきました。ここは、浪人時代通ってた予備校で、あの時はいろいろなことがあったなぁ、と思い出します。本当に色々あった。色々ありすぎて沖縄まで来てしまった。今、こうして就職活動してるんだけど、就活ってある意味受験勉強とおんなじ感覚だよ。久しぶりに行ったのには、理由があって、代ゼミの「からあげ丼」が食いたかったのだ!ここでしか売ってない。「幻のからあげ丼」。未だかつて味わったことのない衝撃の味付け。絶対美味しくないと思うけど、何故かクセになる味。あの味をもう1度食べてみたい、という理由で実は行ってきました。大学受験シーズンは終わり、結構静かな代々○ゼミナール。でも、「からあげ丼」は健在だった。4年前と値段も、売ってるおばちゃんも変わってなかった。350円。火木土はゆで卵がサービスだった。あ、味噌汁付くようになったんだ。すごくまずい。「マヨネーズはおつけしてもよろしいですか?」とおばちゃんが聞く。何も変わってない。辛かったこと、嬉しかったこと、いろんな思い出が走馬灯のように頭の中を駆け回っていくも、感傷に浸る時間は5分くらい。だって、次の説明会あったんだもん。いい気分転換になったし、よっしゃ、このあとも頑張ろう。
(元記事3月5日 03:46:49)
[PR]
by ryuuuuta | 2004-03-05 03:46 | 日々記