沖縄→∞。

沖縄こどもの国にゾウさんがやってくる!!!

 沖縄こどもの国がいまいちなのは、ゾウさんがいないから!、と先日のブログで勝手に言ってました。ところがこれまた水面下で、ゾウさんが来ることになっていたのです。

 沖縄こどもの国の一時閉園に合わせたかのように、マルミミゾウのベベが亡くなってから早や3年。沖縄こどもの国では、有志の方が“ぞうさん基金”を作って、再び沖縄にもゾウさんを呼ぼう!という運動を行っていました。しかし、ゾウさんを再び沖縄へ呼ぶには8千万円ほどの費用が見込まれ、例の沖縄市では超緊縮財政の折、大変厳しい現状がありました。(だったら干潟工事なんかするな、というのは置いといて)

 そこに出てきたのが、あの男ですよ。喜納昌吉なわけです。ゾウさんがいないこの現状を憂いた彼は、訪問先のインドで州知事に対して理由を話して「ゾウさん1頭沖縄へ連れて行きたいんだ」と言ったところ、喜納昌吉の“全ての武器を楽器に”という言葉に感動した州知事が、「沖縄とインドの親善のために(と言ったかは不明だけど)沖縄へ1頭送るよ」となって、現在、今年(2004年)11月のゾウさん来沖を目指して、受け入れ作業を進めているとのことです。どしぇー、これも知らなかった。

 沖縄市はダメじゃない!何かこれから凄いことになりそうだな。えぇなぁ、沖縄市。そろそろ中城に愛想が尽きてきたので(^_^;、今度沖縄市に引っ越そうかな(笑)

(5月6日)
[PR]
by ryuuuuta | 2004-05-06 03:39 | 沖縄小咄。